引越しガイダンス

引越しでやる事などまとめ

引越しガイダンスでは、引越しに関わるあらゆることを掲載して行きます。

 

まず引越しで一番時間がかかるのが荷造りで、やる事が多いのが手続き関連です。

 

ここでやるべきリストを記載しますので参照してください。

 

 

1か月前から

 

賃貸物件なら解約の申し込み

契約書に書かれていますが、賃貸物件は1か月前には解約しないと、賃料が発生します。

 

 

引越し業者探し

引越し業者は、予定日の2か月前から見積もりを取り出しても遅くはありません。必ず3社から4社程度の見積もりを取り比較を行って下さい。

 

 

荷造りと不要品の処分

荷造りも2ヵ月前からボチボチと行って下さい。使わない物からまた玄関から遠い場所から段ボールに詰めていくのが早く済ませるコツです。
段ボールを業者からもらう場合は、契約時にもらいます。有料の業者の場合は、スーパーやドラッグストアで集めて下さい。)

 

 

新居の見取り図

新居の見取り図は、かんたんなメモ帳でも良いので、どこに何の荷物を置くのかを記載します。
またサイズの大きい家具や家電がある場合、必ず搬入経路と設置場所に収まるのかを確認します。

 

 

2週間前

 

役所の手続き

役所の手続きは、市区町村外への場合『転出届』を出します。同市区町村内の場合『転居届』を引越し当日から2週間以内に役所に提出します。

 

 

ライフラインの手続き

電気・水道・ガスはインターネット、または電話で解約届を出します。

 

銀行と保険は、各支店で手続きを行い、郵便局は受付で転居届を書き、新住所に1年間郵便物を送ってもらうように手続きを行って下さい。

 

インターネットは、契約中のプロバイダに連絡をし、解約をし新居先で新たなプロバイダと契約するか、住所の変更手続きのどちらかを行います。

 

 

当日〜2週間以内

 

 

旧・新居先の挨拶回り

粗品は500円〜1000円程度のタオルなどでノシには、苗字だけ記載します。

 

 

役所の手続き

市区町村外から越してきた場合は、『転入届』を出し、同市区町村外の場合は、越してきた地域を管轄する役所で手続きを行います。

 

 

その他、対象となる方のみが同時に行う手続き
  • 印鑑証明
  • 国民保険
  • 国民年金
  • 転校手続き
  • 母子手帳

 

 

自動車関連
  • 車庫証明書
  • 運転免許証
  • 車検証の住所変更手続き

 

車庫証明書は地域を管轄する警察署で、車検証は軽自動車は『軽自動車検査協会』、普通車は『陸運局』で手続きを行います。

 

 

ペットの登録

犬や登録が必要な手続きは保健所で手続きを行って下さい。

 

 

以上がやる事です。後はボチボチと必要なものから荷解きを始めて行きましょう!